本文へ移動

エコキュート

空気中の熱を有効に活用して、毎日の給湯を省エネに!
エコキュートは大気中の熱を利用し、ヒートポンプで高温のお湯を沸かす仕組みです。従来の約3倍の熱エネルギーを作る高効率の省エネ給湯機。さらにエコキュートの導入には補助金制度があり、また、各電力会社でもお得な料金プランが設けられています。上手に活用すれば、環境にやさしい生活が送れるとともに、ランニングコストが大幅にカットできます。

エコキュートのしくみ~ヒートポンプ技術~

得られる熱エネルギーは、使う電気の3倍以上※。

空気中の熱(空気熱)を有効活用する「ヒートポンプ技術」を使えば、投入する電気の何倍もの熱エネルギーを生み出すことが可能です。「エコキュート」の場合、電気+空気で3倍以上※の熱エネルギーを得られます。 「ヒートポンプ技術」を利用してお湯を沸かす「エコキュート」は、ご家庭の省エネルギーには欠かせない高効率で地球環境にもやさしい機器です。
※エネルギー消費効率が3以上の場合

エコキュートは、地球環境にもやさしい機器です。

(試算条件)
・従来型ガス給湯器の場合:年間給湯ガス使用量584m³、一次エネルギー原単位43.07MJ/m³
・エコキュートの場合:年間給湯電気使用量1,680kWh、一次エネルギー原単位9.76MJ/kWh
・CO2排出係数:電気0.351kg-CO2/kWh(再エネECOプラン等のゼロカーボンメニューを除くメニューにおける排出係数。2020年度実績値)
都市ガス2.29kg-CO2/㎥N(大阪ガス公表値)

エコキュートの省エネ

ご家庭で最もたくさんのエネルギーを使うのが”給湯“。”給湯“の見直しが省エネのカギ!

工事の流れ

工事は1~2日で、あっという間に完了です。

「エコキュート」の取り付けはとってもカンタン。古い給湯器の撤去から「エコキュート」の設置まで、通常の工事なら、たったの1~2日で完了します。(ご家庭の状況により施工スケジュールが異なります。)

震災時にも心強い

緊急時には、生活用水としても利用が可能です!

「エコキュート」のタンク内の水は、災害などの断水時には非常用の生活用水として利用可能※1です。貯湯タンク370Lの場合、4人家族3日分の生活用水を貯めています。

また、過去の震災において、電気は早期に復旧しています。「エコキュート」は、電気と水が復旧すれば、お湯も使用することができます。
(ガス給湯器※2は、電気と水に加えてガスも復旧する必要があります)

※1 機種によっては利用できない場合があります。
※2 リモコンで操作するタイプ(100V電源を使用)の給湯器の場合です。
※全ての災害において同様の結果になることを表現しているものではありません。復旧率とは供給が回復した戸数を、供給が途絶した累計戸数で除した数値です。
出所:左グラフ:消費研究神戸フォーラム、右グラフ:再生可能エネルギー政策論(エネルギーフォーラム社刊)

取扱い商品のご紹介

京都本社

〒600-8494
京都市下京区
四条通油小路東入傘鉾町43
立原ビル3F

フリーダイヤル:0120-156-440

【取扱い内容】
オール電化・太陽光発電・住宅設備機器の販売施工・健康住宅リフォーム

TOPへ戻る